交通事故も弁護士という法の番人に頼る|リーガルde解決

相談

司法書士について考える

司法書士試験は難しい

弁護士

司法書士は、国家試験に合格しなければ業務を行うことができません。 国家試験の受験資格は特にないので、誰でも自由に受験することができます。 この司法書士の試験は1年に1回行われますが、とても難易度の高い国家試験として有名です。 毎年の合格者数も少なく、合格率は一桁台という状態が続いています。 試験範囲はとても広いので万遍なく勉強をする必要がありますが、どの科目がどれほど出題されるかは毎年ほぼ決まっているので、出題数の多い科目を中心に勉強をするのが良いです。 埼玉県にお住まいの方も、毎年たくさんの方が司法書士試験を受験します。 その中の多くの方は、資格の学校に通ってしっかりと対策を練って受験に臨む方が大半です。 司法書士試験は、資格の学校に通わなければ合格するのが難しい試験なのです。

多くの人が活躍している

土地や建物を取得した場合には登記をする必要があります。 もし登記をしなければ、購入した土地や建物について第三者に対抗することができません。 例えばある不動産会社から土地を購入したとします。 契約を交わしてお金を支払ったとしても、登記をそのままにしていては登記簿上は未だ購入した人の物となっていません。 そうするとその不動産会社が他の人に同じ土地を売ってしまい、その人が登記をしてしまったら最初に土地を購入した人は後から土地を購入した人に、自己の権利を主張できないのです。 そういったことのないように土地や建物などの不動産を購入したら、しっかりと登記をする必要があります。 しかし登記の手続きはとても大変なので、司法書士に委任するのが良いです。 埼玉県にもたくさんの司法書士がいます。 ですから埼玉県にお住まいの方は、インターネット等を使って埼玉県内にあるお近くの司法書士事務所を探して、そこに登記の依頼をするのが良いです。