交通事故も弁護士という法の番人に頼る|リーガルde解決

相談

法定相続人の範囲

法定相続人の順位について

考える女性

家族や親族が亡くなった場合、遺言が残されていない場合は、法定相続人が遺産を継承する権利を有します。しかし、借金等の負債によって遺産がマイナスになることもあり、この場合も法定相続人に継承する権利があり、同時に放棄する権利もあります。これが相続放棄です。 相続放棄において、法定相続人には範囲があります。 まず被相続人、つまり亡くなった人の配偶者および第1順位相続人である子供が優先順位の1番目です。子供が死亡している場合は孫が代襲相続人になります。 次に優先されるのが、第2順位相続人である被相続人の父母、直系尊属に当たる方です。ここでは配偶者の直系尊属は対象外です。 優先順位の最後は、第3順位相続人である被相続人の兄弟姉妹です。兄弟姉妹が死亡している場合は、その子供が代襲相続人になります。また、兄弟姉妹の配偶者は対象外です。 以上が法定相続人の範囲で、上位の相続人が放棄をした場合に、下位の相続人に継承あるいは放棄の権利が移ります。

相続放棄の手続きについて

相続放棄の手続きは、被相続人が最後に居住した住所を管轄する家庭裁判所で行ないます。 まず、法定相続人全員が相続放棄を選択したと仮定すると、全員が手続きを行なう必要があります。その場合、全員が同時に行なっても、相続順位の順に行なっても構いません。 具体的には、各相続人が相続放棄申述書に必要事項を記入して、必要な書類を添付します。必要な書類とは、相続順位者によって異なります。例えば、戸籍謄本や住民票が該当します。また、手続きには相続人のいずれかが代表して行なうケースが多いですが、被相続人の出生時から死亡時までの全ての戸籍謄本と死亡時の住民票の提出が必要になります。 相続放棄の手続き期限は3ヶ月以内です。これは、相続人によって異なる可能性があります。同居していれば、被相続人が死亡した日から3ヶ月以内ですが、同居していない場合は即座に連絡がとれないケースがあり、その場合は、死亡通知を受けた日からあるいは上位の順位者が相続放棄をしたことを知った日から3ヶ月以内という猶予が与えられます。