交通事故も弁護士という法の番人に頼る|リーガルde解決

相談

交通事故の示談交渉

交通事故と補償について

揉めるミニチュアの人形たち

車を運転しない人であっても、被害者という形で交通事故に巻き込まれる可能性は少なくありません。わが国では強制保険である自賠責保険の以外に任意保険にも加入していることが一般的であるので、保険によって十分な金銭補償は受けれると考えがちですが、必ずしも被害者として納得のいく金銭補償を受けられるとは限らないのが実情です。その理由としては、保険会社も営利企業であることから、出来る限り保証金を低く抑えたいというインセンティブが働くため、保険会社側の基準と被害者側が求める補償額が折り合わないケースがあるからです。物損や、治療費であっても骨折のような判定しやすい事案は別として、後遺障害が残るようなケースでは、その後遺障害が交通事故に起因するものかどうか等について見解が分かれるケースも少なくありません。

弁護士への相談について

近年、交通事故による死亡者数は減少していますが、若者の車離れ等の影響もあり保険会社の経営も楽ではない状況です。そのため、保険会社側も今まで以上に厳しい姿勢で示談交渉に臨むことが予測されます。被害者側としては、交通事故の示談交渉の専門家ではないため、専門家相手に交渉するのは非常に不利な状況となります。後遺障害の認定の有無によっては補償が大きく変わってくるケースもあるため、そうした場合は法律の専門家である弁護士に示談交渉を依頼するのが有効な手法となります。後遺障害や休業補償などで保険会社側の提示に納得ができない場合は、納得できないまま相手の説明を鵜呑みにするのではなく、一度弁護士に相談をしてみるのがよいといえます。