法定相続情報証明とは

簡単に言うと、亡くなった方(被相続人)の法定相続人が誰であるか、法務局が公的に証明することです。

法定相続情報証明制度ができるまでは、相続手続では、被相続人の出生から死亡までの連続した除籍謄本等や相続人の戸籍謄本等の束を金融機関等に何度も出し直す必要があり、除籍謄本等の枚数が多い時は、金融機関等から返却されるまでに時間がかかるため、何件もある場合は相続手続がなかなか進まないというデメリットがありました。

法定相続情報証明制度は,法務局に被相続人の出生から死亡までの連続した除籍謄本等や相続人の現在の戸籍謄本等と相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を出すことで、登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付します。
法定相続情報一覧図の写しを必要な枚数交付してもらうことにより、同時に相続手続を進めることができ、時間短縮につながります。
※法定相続情報一覧図の写しによる相続手続を認めない機関では従来どおり戸籍の束が必要となります。
 なお、法定相続情報一覧図の写しを使用しないで、今までどおり戸籍の束で手続することはもちろん可能です。

法定相続情報証明の申出を代行します

法定相続情報証明の申し出を行うためには、被相続人の出生から死亡までの連続した戸除籍謄本等、相続人の現在の戸籍謄本等を用意する必要があり、これは制度が始まる前の相続手続と変わりませんので、一般の方が申出をする場合は時間と手間がかかります。

すずき行政書士事務所では、必要な除籍謄本等の取得、法定相続情報一覧図の作成、法務局への申出、一覧図の写しの受領までの作業を代行します。
ご依頼者様がご自身で金融機関等の相続手続を行う場合に大変便利と思いますので、ぜひご検討下さい。

料 金

相続人調査
(戸籍等の取得)
 20,000円(基本料金)

 戸籍謄本等1通取得につき1,000円及び実費を加算
 お客様が既に取得した戸籍謄本等で不足する部分の取得を引き継ぐことも可能です。
法定相続情報
一覧図の作成
 5,000円
法務局への申出代行
一覧図の写しの受領
 無料

 郵送費・交通費等を加算

 ※上記金額に消費税は含まれておりません。